もう限界!辞めたい! ブラック企業の辞め方とは?

人生逆転

 

「我慢してきたけど、もう限界!会社を辞めたい!」
と思っていませんか。

ブラック企業の実態は、想像を越えるひどさであり、
あまりのストレスでうつ病になったり、
過労死に至るケースも珍しくありません。

知り合いから聞いた話によれば、
ある日突然、職場で椅子にもたれかかったまま、
過労でお亡くなりになった方がいたそうです。
(某大手金融です。)

 

最悪の事態を避けるために、
一刻も早くブラック企業から脱出するのが一番です。

 

ブラック企業の辞め方

ブラック企業の辞め方は3つあります。

 

転職する

最も簡単な方法が「転職する」ことです。

 

私の大学の先輩に、大手ガスメーカーに勤めていた人がいました。

一部上場企業で給料も高いのですが、
どうやら職場がブラックだというのです。
ストレスのせいで30代にして薄毛になってしまったと言っていました。

35歳という転職できるギリギリの年齢だったこともあり、
彼は転職活動をしました。

大手企業に10年以上務めた経験があるせいか、
あっさり転職先が決まったようです。
前より給料は下がったものの、
仕事のストレスが減ったので、
心なしか先輩の顔は以前より穏やかになっていました。

 

このように、ホワイト企業に転職するというのが
大きな選択肢であるといえます。

しかし、実務経験が乏しかったり、あるいは
転職回数が多いと、なかなか転職が上手くいかないこともあります。

 

公務員試験・資格試験を受ける

もしまだあなたが20代であれば、
公務員試験や資格試験を受けるという選択肢もあるでしょう。

私の後輩で、
会社で働きながら地方公務員試験にパスした人もいますし、
働きながら資格を目指している人もいます。

地方公務員試験の受験資格は、
おおよそ26~28歳までです。
あなたが20代であれば、まだチャンスはあります。

また、弁護士や公認会計士などの資格は、
20代後半で合格しても十分就職できます。
(その代わり、超難関ですが・・。)

 

もちろん、難関試験を突破しなければいけないので、
ハードルは高いです。

しかし、その分、ステータスが高く安定した職業ですから、
猛勉強する覚悟があれば、目指してみるのもいいかもしれませんね。

 

【補足】

なお、公務員だからといって全てホワイトな職場ではないようです。
公務員であってもブラックなところはたくさんあります。

公務員なのに、残業200時間超えでしかも残業代が出ない職場もあります。
せっかく難しい試験を突破したのに、
辞める人が後を絶たないのだとか。

公務員=楽と思っている場合は注意が必要です。

 

インターネットから収入を得る

転職するのも難しい・・

公務員も難しい・・・

じゃあ、一体どうすればいいの!

と思うかもしれません。

 

最終手段として、インターネットから収入を得るという方法があります。

具体的にはアフィリエイトです。
参考:アフィリエイトとは?

アフィリエイトはお小遣い稼ぎくらいのイメージしかないかもしれませんが、
私の場合は、月収50万円以上を安定的に稼いでいます。

jisseki

 

しかも、いったん仕組みを作ってしまえば、
あとは少ない時間のメンテナンスで収入をできるため、
ほとんど作業をしていません。
それなのに、毎月55万~65万円が
私の銀行口座に振り込まれています。

 

くわしくは私のメルマガを読んでみてください。
ブログでは言えない極秘情報をこっそり教えています。
(購読は無料です。)

※現在、無料メール講座は停止中です。

 

タイトルとURLをコピーしました