ニートにおすすめの在宅ワーク(内職)一覧

 

今日は、ニートにおすすめの在宅ワーク(内職)を教えます。

 

もし今の自分が、ニートだった過去の自分にアドバイスできるとしたら、
そっこうで「在宅ワーク」を勧めますね。

煩わしい人間関係も満員電車もありませんし、自分の好きな時間に働けます。

ニートであってもマイペースで働くことができるからです。

 
では、おすすめの在宅ワーク(内職)一覧の紹介です。

キャッシュバック

キャッシュバックとは、決められた商品もしくはサービスに申し込みことで、
いくらかお金を受け取ることができるシステムです。

低額なものだと、ポイントサイトの無料会員に登録すれば500円、高額なものだと、
クレジットカードを発行すれば1万円を受け取ることができます。

 

「うさんくさいっ!」と思うかもしれませんが、本当にもらえますからね。

(証拠画像)
jikoaff3

私はニートだったので、クレジットカードは発行できないと考えて手を出さなかったですが、
それでも他の案件をコツコツと攻めて、これくらいは稼げました。

もっとガッツリやれば、3万円は稼げたでしょう。

 

 
※ちなみに、キャッシュバックで利用する会社は、A8.netが断然おすすめです。

理由は、扱っている案件がめちゃくちゃ多く、
ニートでは審査が通りにくい{クレジットカードやFX案件}以外でも十分稼げるからです。

 

WEBライター

在宅ワークの定番といえば、WEBライターです。

依頼主から与えられたテーマにそって記事を書くお仕事ですね。

 

一昔前まではライターといえば、
雑誌や本を執筆する仕事でした。

しかし、近年では、紙媒体よりも
インターネット媒体でメディアを運営する会社が増えています。

そのため、ウェブサイトの記事を書いてくれる人、
WEBライターの需要が拡大しています。

 

WEBライターは、通常、
クラウンドソーシングと呼ばれる外注サービスで
仕事を引き受けることになります。

報酬としては、だいたい1,000文字の記事を1つ書いて300~500円くらいでしょうか。
もし1時間に記事を2つ書けば、時給600~1,000円になるので、なかなか悪くはありません。

 

なお、「WEBライティング実務士」の資格を持っていれば、
仕事が依頼されやすくなり、かつ、報酬もアップしてもらえることが多い
です。

仕事を頼む側からしてみれば、
素人よりも資格をもった人に記事を書いてもらった方が
安心できますからね。

WEBライティング実務士は「WEBライティング技能検定講座」という通信講座で簡単に取得することができます。
興味があれば、以下から資料請求してはいかがでしょうか。(無料です。)

>>WEBライティング技能検定講座はこちら

 

テープライター

WEBライターとは少し違いますが、テープライターもおすすめです。

テープライターとは、インタビューや会議録などの音声を文字に書き起こしするお仕事。

報酬は音声60分の書き起こしで2万円くらい。

空き時間にもできるので、主婦を中心に人気があります。

興味があれば、以下のサイトで資料請求をしてみるといいですよ。(無料です。)

★知識と教養も得られる人気の在宅ワーク!>>>テープライター養成講座

 
 

私おすすめのレンタルサーバーはこちら

このブログはエックスサーバーで運用しています。
ワードプレスがサクサク動き
安定度が高いわりに値段が安く、コスパがいいです。
操作もわかりやすいので、
アフィリエイト初心者におすすめです。
エックスサーバー公式サイトはこちら↓