インターネットは社会のセーフティーネット

 

私はニート時代が5年もありますが、その間に1回だけ就職活動をしたことがあります。

 

もともとサラリーマンにはなりたくなかったんですが、28歳になってそろそろヤバイと焦っていたことにくわえ、ちょうどその頃、趣味で英語を勉強していてTOEICが高得点取れたので、「これで就職できるかも・・」と思いたち、就活をはじめたんです。

(ちなみにTOEICは915点。自分でいうのもアレですが、堂々と履歴書に書けるレベルだと思います。)

ハロワに行き、英語力を必要とする求人に片っ端から履歴書を送り、いくつか面接を受けました。

 

しかし、どれもこれも落とされる

何がいけなかったのか?

 

おそらく、28歳で正社員としての職歴がなかったのが致命的だったのでしょう。

私は25歳まで資格の勉強をしていて、そのあとはバイトしか経験してなかったので。

 

実際、面接官にこんなことまで言われました。

「いくら英語ができても、即戦力にならなければ意味がない。」と。

この言葉は、他の面接官の本音を代弁してくれたと思います。

 

結局、3カ月間ハロワに通い続けた結果、どこも受かりませんでした。

その代わり、英会話講師のバイトに採用されるのですが、これも長く続かず、またニートに戻ってしまったのです・・。

 

現在はおかげさまで、ネットから収入を得て生活していますが、もしネットビジネスに出会っていなかったら、今頃どうなっていたかと思うとゾッとします。

ニートとバイトを繰り返しながら年をとっていき、一生浮かばれなかったでしょう。

私にとっては命の恩人、もといセーフティーネットです。

 

・・そして、

できれば、

私だけでなく、

もっと多くの人にとってのセーフティーネットの役割をネットビジネスが果たしてくれたら

と思っています。

 

現在の日本は、社会のレールから外れたらやり直しがききません。

新卒で就職しなかったら正社員になりづらい。

35歳をすぎてリストラされたら再就職は難しい。

一度キャリアコースから外れてしまえば、そこで試合終了です。

人生やり直せない。

 

でも、ネットビジネスは違います。

人を履歴書で差別しません。

ニートであろうが既卒であろうが、コツコツ努力さえすれば、必ず報われる世界です。

6年以上ニートしてた人が、せどりで月30万稼ぐ
とか
ネトゲ廃人だった人が、アフィリエイトで月100万稼ぐ
とか
そんな話は、よくあることです。

私自身、人生詰んでましたが、それでもコツコツやったら結果が出ましたし。

既卒だからダメだとか。
転職回数が多いからダメだとか。
空白期間が長いからダメだとか。

そんなことが理由で不利になることなんて、ありません。

やるか、やらないか

それだけです。

 

・・まあ、とはいっても、世間のネットビジネスに対する認知度は低い。

仮に、せどりとかアフィリエイトの存在を知っていたとしても、多くの人は、怪しいし稼げないだろうと思っている。

だから、みんなやらない。

実にもったいないな~と思います。

 

繰り返しますが、日本はやり直しがききにくい社会ですので、一度キャリアコースから外れてしまえば、いくら就活や仕事を頑張っても、将来報われる保証なんてありません。

だから、誰にでも平等な土俵で、挑戦してもらいたい。

そこで成功して、自信を勝ち取ってほしいのです。

最初はお小遣い稼ぎでも構わない。

小さくはじめて、大きく成功してほしい。

成功者を続出させることで、インターネットが社会のセーフティーネットたりうることを証明したい。

それが、私の密かな想いです。


【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】