サイトの検索順位が回復しました

 

「うっしゃああ。」

 

今日、サイトのアクセス解析を見て、思わず叫んでしましましたw

いや、叫ばずにはいられません。

私が運営しているサイトの検索順位が回復したからです!

証拠画像
kaihuku1

 

 

ことの発端は、今から1か月前にさかのぼります。

ある日突然、それまで順調に収益をあげていたサイトがすべて、検索結果の上位から飛ばされてしまったのです。

証拠画像
kaihuku2

ほんと( ゜Д゜)ポカーン ですよ。

だって、自作自演の被リンクをおくる等のブラックなことは一切していなかったし。

全く意味がわからなかったです。

 

アクセスが下がる→収入が下がる→生活が苦しくなる

ことを意味していたので、頭が真っ白になりました。。。

 

なぜ?

なんで?

原因を解明すべくネットを徘徊していると、

どうやら

「重複コンテンツがあるのがマズいのではないか?」

という結論に至りました。(※重複コンテンツとは、内容がほとんど同じ記事のことです。)

私のサイトの一部には、同じ内容でリライトした記事が多くあったので、もしかしたらそれがマズかったのではないか?と。

なぜなら、グーグルは、重複コンテンツが多いサイトは価値の低いサイトとしてみなしているからです。

 

で、今回、私がおこなった対策は1つだけ。

link rel=”canonical”タグを使う

 

本来、重複コンテンツは、記事を丸ごと消すのが理想ですが、どうしても消したくない場合は、link rel=”canonical”というタグを使えば回避できます。

たとえば、

A:アフィリエイトとは?
B:アフィリエイトとは?

という内容が同じ記事があるとします。

Aの記事に link rel=”canonical”タグを貼ると、Aの記事は検索結果に表示されなくなり、代わりに、Bの記事だけが表示されます。

要は、記事を丸ごと消すのではなく「検索エンジン上から」消すわけです。

 

この対策をして1カ月後、無事に検索順位が回復しました。

重複コンテンツを消すことで順位が回復した人は他にも大勢いますし、対策としては大いに効果があったのでしょう。

 

 

・・しかし、今回の順位変動は、別の原因も考えられると思うのです。

それは、

グーグルが実験的にアルゴリズムを変えたからではないか

と。

 

アルゴリズムとは、検索結果の順位を決める基準みたいなものです。

たとえば、以前は

「被リンクが多いサイトを上位に表示します!」という基準でした。

なんで、みんながこぞって自作自演リンクにはげみ、質の低いペラサイトばかりが上位表示されていました。

そこで、グーグル先生は「これからは良いコンテンツのサイトを上位に表示します!自作自演リンクの多いサイトの順位を下げます!」と方針を変え、

その結果、多くのペラサイトが圏外に飛ばされました。(ペンギンアップデート)

 

そして、今回は

「ページ数が多くても無駄なコンテンツが多いサイト」の順位を下げて、

「ページ数が少なくてもコンテンツの質が良いサイト」の順位を上げる、

という方針に変えたようなのです。

つまり、極端な話、

サイトA:100ページ(中身が良い記事が50ページあるが、無駄なページも50ページある。)

サイトB;10ページ(すべて中身が良い記事)

を比較した場合、

サイトBを上位表示するということです。

 

これって、良く考えたら理不尽な話です。

サイトのボリュームが増えると、どうしても似たような記事ができてしまいますし、すべて同じクオリティーの記事が書けるわけでもありません。

検索エンジンが重複コンテンツと判断するページであっても、サイトの構成上、読者に役に立っている可能性もあります。

どう考えても、情報量の多いサイトの方がコンテンツとして価値があるはずです。

 

それなのに、今回の順位変動では、そういったサイトの順位を下げて、明らかなペラサイトや、キーワードとあまり関係のないサイトが上位に表示されていました。

 

だから、さすがにグーグル先生も「これではマズイ・・」と判断して元に戻したのでしょう。

今回のアルゴリズムの変動は、おそらく実験テストだったのだと思います。

 

 

・・まあ、ぶっちゃげ、真相はわかりませんw

すべては憶測でしかなく、答えはグーグルが知るのみです。

 

 

いずれにしても、今回の騒動を教訓に、リスクを分散する必要性をひしひしと感じました。

 

具体的には、

(1)集客を検索エンジンのみに頼らない

(2)収入源を複数つくる

(3)メルマガを発行する

ということです。

 

(1)→ 文字通り、集客を検索エンジン以外に作るということです。ツイッターとかフェイスブックとか。

(2)→ 収入源を1つのジャンルに偏らせないということです。

私の収入のほとんどは恋愛系のサイトからですが、これを例えば健康系や語学系など他のジャンルのサイトをつくることで収入源を分散することができます。

(3)→ メルマガによって収益を安定化させます。

ホームページは検索エンジンの変動に左右され収入が安定しにくいですが、メルマガは一度読者を集めてしまえば、極端に収入が減る事はありませんので。

 

真の自由のために、まだまだやらなくてはいけないことがたくさんありますね(^_^;))

私おすすめのレンタルサーバーはこちら

このブログはエックスサーバーで運用しています。
ワードプレスがサクサク動き
安定度が高いわりに値段が安く、コスパがいいです。
操作もわかりやすいので、
アフィリエイト初心者におすすめです。
エックスサーバー公式サイトはこちら↓