コンテンツが大事っていうけど、良いコンテンツって何?

 

先日、私のサイトがグーグルに順位を下げられたのをきっかけに、あらためて「良いコンテンツとは何か?」考えるようになりました。

今まで私は、良いコンテンツを生むには「自分オリジナルな記事をひたすら一生懸命書けばいい」と思っていました。

自分が一生懸命書いた記事であれば、訪問者にきちんと読まれ、やがてグーグルにも評価されるだろうと。

しかし、今回のグーグル先生の評価を見る限り、必ずしもそれが正解ではないようです。

いくら訪問者のためにとって役に立つ記事をたくさん書いたとしても、良いコンテンツとして評価されない。

下手をすれば、低品質なコンテンツとして扱われ、順位を下げられてしまう。

反対に、

ペラサイトやコピペで作ったサイトでも、場合によっては、良いコンテンツと評価され、検索上位にあがる。

 

理不尽ですが、これが今まさに起こっている現実です。

 

別に、SEOをかけているペラサイトが上位表示されて、SEOをかけていない中身の濃いサイトが上位表示されない、などと言っているのではありません。(それも、少しはあるでしょうが。)

背景は、もっともっと複雑です。

 

そうではなく、

グーグル(もしくはユーザー)の「良いコンテンツの判断基準」と、あなたの「良いコンテンツの判断基準」の間に、少しでも違いが生まれたら、検索順位で不利になるということです。

 

たとえば、私は、記事をたくさん書いた方が訪問者のためになると信じて、ページ数を増やしてきました。

その結果、サイト間で、重複コンテンツが少々できてしまいましたが、それでも、全体としては、情報量が多く質の高いサイトとして評価されるのだろうと思っていました。

 

ところが、グーグル先生の評価は違いました。

いくら情報量が多いサイトでも、重複コンテンツがあるのなら、質の高いサイトではない、と。

あくまで憶測ですが、そういう理由で、今回順位を下げたのだと思います。

まあ、訪問者にとっても、重複コンテンツがあるのは、あまり好ましいことではありませんからね。

 

一方で、

たとえば、2ちゃんのまとめサイトなんか、もとはといえばコピペですが、それでも、上位表示されています。

あるいは、芸能人の噂話やポロリ画像を載せたニュースサイトにしても、道徳的な意味では”良いコンテンツ”とは言いづらいですが、これまた、上位表示されています。

恐らくですが、これらのサイトを多くの人が「おもしろい!」と思っていることを、グーグルがわかっているからなのだと思います。(どうやら、ツイッターからのアクセス数や、サイトの滞在時間を加味して、評価しているっぽいです。)

だから、極端な話ですが、記事数が1000ページあるサイトよりも、みんなが「面白い!」と思える記事が10ページあるサイトの方が、検索エンジンから評価されることだってあります。

 

以前は、訪問者のために役にたつ記事が数多くあるサイトこそが、良いサイトだと信じて疑わなかったのですが、ここにきて、考えが変わりました。

もちろん、訪問者にとってためになる記事をたくさん書くという方向性自体は今でも間違っていないと思っています。

しかし、それだけでは不十分なんです。

これからの時代、「ためになる」にくわえて、「エンターテイメント性がある」コンテンツが、良いコンテンツとして評価されます。

 

例をあげます。

たとえば、ダイエットのエクセサイズを解説したコンテンツをつくるとします。

Aさんは、とにかく訪問者のためになるようにと、50ページの文章と計3時間の動画で丁寧に解説しました。

客観的にみてもAさんのコンテンツは、質・量ともに素晴らしいです。

しかし、一部の訪問者からは「ためになるけど、面白みに欠ける・・」との声もありました。

 

一方、Bさんは、とにかく訪問者に楽しんでエクセサイズをしてもらおうと考えました。

たった1ページの文章と10分の動画でしたが、内容は斬新で、ビリーズ・ブートキャンプのような、見ていて楽しくなるような仕掛けが随所にほどこされていました。

多くの人が「ためになるし、面白い!」と評価して、結果的に、Aさんのサイトより上位表示されました。

 

両者の勝敗を分けたのは、Aさんは「ためになるけど面白みに欠ける」コンテンツを量産したのに対し、Bさんは「斬新で面白い」コンテンツを1つつくったことです。

たしかに、ユーザーは、ダイエットに関するノウハウが知りたくて検索しています。

でも、本当にユーザーが求めていることって、表面的なノウハウだけじゃなかったりするんです。

それよりも、「どうやったら、楽しく無理なく痩せられるか?」

そういう潜在的な欲求をもって、検索していると思うのです。

ですから、「ノウハウを解説しただけの」Aさんのサイトより、「楽しく痩せられそうな」Bさんのサイトが上位表示されたのでしょう。

あくまで1つの事例ですが、こういうことも検索エンジンの世界ではあり得ます。

 

 

ここ数年、みんなが口ぐちに「コンテンツが大事だ!」と言いだしたので、アフィリエイトサイト全体の品質はかなり底上げされたような気がします。

もはや、どのサイトも、一定レベルためになる情報を発信している状況です。

一方で、人々を魅了するような「エンターテイメント性がある」コンテンツって、まだまだ少ないように思います。

ですから、「ためになる」+「エンターテイメント性がある」コンテンツを作ることができたなら、まわりを一気に出し抜くことができるでしょう。

たしかに、役に立つし面白いコンテンツを作るのは簡単ではありませんが、これからの時代、そういう高いレベルのものが求めれるようになっていくのではないでしょうか。

今回のグーグル騒動から、そういうことを感じました。

 

 

(補足)

だからといって、ためになる記事を否定しているわけでも、記事数が多いサイトを否定しているわけでもありません。

そういうサイトは、今までもこれからも歓迎されます。

逆に、いくら面白い記事だとしても、品位にかける薄っぺらい中身だったら、最初は注目をあびるでしょうが、やがて誰からも読まれなくなります。

要は、いろいろな視点から「ユーザーの求めていること」を探りあて、コンテンツとして提供できるような”柔軟性”が一番大事だということです。


【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】