海外ニートさんに憧れたあの頃

 

今日は、ちょっと昔話を。

今から3年前、私は「ニートの海外就職日記」というブログにハマっていました。

著者である「海外ニート」さんは、28歳までニートしていたが、海外に脱出することで見事、現地就職できたという経歴の持ち主。

当時ニートだった私にとっては、彼は憧れの的だったんです。

彼はブログの中で「日本の労働環境はクソだ!みんな日本を脱出して海外で就職しようぜ!」ということを散々訴えていた。

若くして日本社会からはじかれた私にとっては、まさにドンピシャの内容でした。

ちょうどその頃、趣味で英語を勉強していてTOEIC800点くらい取れていたので、海外就職という選択肢は、あながち不可能ではないなと思っていたからです。

彼が言うに、海外脱出するには、「まずワーホリビザでオーストラリアかカナダに行き、バイトしながら英語を身につけ、それから現地の学校を卒業して現地の会社に就職する」方法が一番いいのだとか。

ちなみに、ワーホリとは、ワーキングホリデービザの略で、18~30才であれば1年間、現地で自由に働くことができるビザのことです。主な対象国は、オーストラリア、カナダ、イギリスなど。

 

私も海外ニートさんのように、海外に行けば人生逆転できるのではないか?と考え、とりあえずワーホリビザでカナダに渡ることを決意しました。(なぜカナダかというと、クリーンな国でなんとなくいいイメージがあったからです。)

 

 

で、

カナダに着いて最初の1カ月は、語学学校に通いながら、バイト探しに明け暮れました。

バイトの求人は、日本食レストランの手伝いがほとんど。

まあ、英語を話せない日本人を雇ってくれるところなんて、そうそうないですから、そこはちょっと辛抱しようと思ったんです。

 

バイトを探してから2週間くらいしてようやく、ラーメン屋のバイトに受かりました。

ラーメンなんてカップ麺しか作ったことがない、飲食経験ゼロの私がなぜ受かったのかは謎ではありますが、とりあえずはホッとしていました。

まあ、海外の労働環境だし、日本みたいにコキ使われることもないだろうと。

 

しかし、です。

いざバイトがはじまってみると、これが予想以上にキツイキツイ。

そもそも日本でロクにバイトしたことがないニートが、海外で飲食のバイトをするのだから、当然と言えば当然です。

しかもスタッフ全員が日本人なので、海外でありながら、実質、日本の飲食店で働くのと全く同じです。

海外だからといって、ゆるい感じで働けるわけではなかったんです。

 

・・・。

私には無理でした。

根性なしと思うでしょうが、2週間でバイトを辞めました。

その後、資金が底をつき、やむをえず日本に帰国。

結局、カナダでの生活は2カ月で終了してしまいました。

 

海外ニートさんに憧れて海外に渡った私ですが、即リタイヤという結果に。。。。

自分が情けなくなるのと同時に、海外就職はハードルが高いと痛感したのです。

もちろん、ワーホリビザで渡り、そのまま現地で就職する人もいるのですが、はっきり言って、少数派です。

ほとんどの人は、1年たったら帰国し、日本で就職します。

海外でも不況といわれる昨今、英語ができない日本人をわざわざ雇うところなんて、なかなかありません。

本気で海外就職しようと思うなら、現地の大学か専門学校を卒業し、学位を取るくらいでないといけません。

(となると、資金が三百万円以上かかることになるのですが。)

現実問題、かなりハードルが高いと思います。

 

そんなこんなで、ちょっとした挫折を経験した私ですが、ひとつだけ、ビジネスに役に立つ貴重な体験をしたんですよね~。

そのことについては、またお話しします。

では。

次⇒ カナダに金持ち父さんは実在した

 


【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】








2014年3月2日 海外ニートさんに憧れたあの頃 はコメントを受け付けていません。 自己紹介