ユーチューバー「ヒカキン」の年収はいくら?

最近、ヒカキンのYOUTUBE動画にハマっています。

すごい下らないんだけど、これが笑えます。

え?

「ヒカキンって誰?」って。

知らない方は、こちらをどうぞ↓

「何、この素人www」と思ったそこのアナタ!

この人は、タダの素人ではないんですよ。

な・ん・と

このヒカキンという青年は、ユーチューブに動画を投稿しているだけで、年収3千万円稼いでいるんです。

 

・・・。

 

信じられないでしょうが、本当です。

 

彼の動画を見たらわかりますが、特別にお金をかけて動画を製作しているわけでもありません。ただ単に、チャーハン作っているところをおもしろおかしく撮っただけですw

にも関わらず、です。

動画再生回数は、160万回にものぼります。

チャーハン作っているだけなのに。

 

で、

なぜ、YOUTUBEに動画をアップしただけで、お金になるのかというと、YOUTUBEにはれっきとした広告プログラムがあるからです。

YOUTUBEを見ていると、たまに広告が表示されませんか?

あの広告を掲載することで、YOUTUBEは収益を上げているわけですが、収益の一部を、再生回数に応じて、動画投稿者に分けているんですね。

つまり、動画が再生されればされるほど、報酬が支払われる仕組みです。

だいたい1再生あたり20円くらいだとか。

 

冒頭で紹介したヒカキンの動画は、再生回数が160万回なので、報酬は約32万円となります。

たった1つの動画だけで、サラリーマンの収入を超えているんですね。

 

しかも、ヒカキンがアップした動画の数は、1千個以上あるので、、、、

トータルで3,200万円稼いでいることになります。

ですから、推定年収3千万というのは、間違いではなさそうです。

 

最近では、このようにYOUTUBEだけで稼ぐ人が増えており、彼らは「ユーチューバー」と呼ばれています。

 

日本ではまだまだ少ないですが、世界にはとんでもない額を稼ぐユーチューバーがゴロゴロいて、

世界一のユーチューバーは、年収6億円だそうです・・。

まあ、英語圏は人口が多く、再生回数のケタが違いますからね。

 

他に、YOUTUBEを通して稼いだ人といえば、歌手のジャスティン・ビーバーが挙げられます。

もともと彼は、一素人として自分が歌っているところを動画でYOUTUBEで公開していたんですが、たまたまそれが大物歌手アッシャーの目にとまり、歌手デビューに至りました。

厳密にいうと彼はユーチューバーではありませんが、YOUTUBEがきっかけで一気にスターダムにのしあがった一人です。

 

こんな現象、一昔前まで誰が予想できたでしょうか。

インターネットが出る前、娯楽といえば、有名タレントが出ているTV番組を見るしかありませんでした。

私が中学生の頃はまだインターネットがあまり普及していなかったのですが、一番の楽しみは、土曜の夜、TVで「めちゃイケ」を見ることでした。

 

しかし、現在は違います。

TVのかわりに、インターネットでYOUTUBEやニコニコ動画を見るのが当たり前となっています。

人々の視線が、ブラウン管から、パソコンやスマホのスクリーンに移ったわけです。

 

しかも、YOUTUBEなどの動画サイトは誰でも投稿できます。動画の人気に火がつけば、素人でありながら芸能人並みのファン数を獲得することだって可能なんです。

 

まさに、一個人が自分のメディアをもち、自由に情報を発信できる時代ですよね~。

 

ブログやフェイスブック・ツイッターで情報発信して稼ぐ人は、もはや当たり前になっていますが、これからの時代、YOUTUBEで情報発信して稼ぐ人が増えていくんじゃないかと予測しています。

 

第2、第3のヒカキンが現れる日も近いのはないでしょうか。


【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】